Home > NEWS > 児童の授業理解度、生活習慣や家庭環境が影響か 富山大学が調査 | 大学ジャーナルオンライン

児童の授業理解度、生活習慣や家庭環境が影響か 富山大学が調査 | 大学ジャーナルオンライン


子どもの頃の家庭環境や生活週間が
どのように学習に影響が出るかを調査した
研究結果をご紹介します。

富山大学地域連携推進機構の研究チームが
2016年に富山県高岡市の児童1,663人を対象に
授業の内容がよく分かるかどうかを尋ね、
「よく分からない」「分からない」
と答えた児童を授業理解度が低いと定義したうえで
その授業理解度の低い小学生の家庭環境、
生活習慣を調査したそうです。

授業理解度が低いとされた児童は、
全体の何%だったでしょうか。
また、起床時間やメディアをみる時間、
自宅学習の時間などとの関係性は?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 
富山大学地域連携推進機構の山田正明助教、関根道和教授らが授業理解度の低い小学生とその家庭環境、生活習慣を調べたところ、家庭にゆとりがない児童ほど授業理解度が低い傾向があることを突き止めた。

情報源: 児童の授業理解度、生活習慣や家庭環境が影響か 富山大学が調査 | 大学ジャーナルオンライン


error: