Home > NEWS > 緑の少ない場所で育った子どもは精神疾患のリスクが55%も高い|GIGAZINE

緑の少ない場所で育った子どもは精神疾患のリスクが55%も高い|GIGAZINE


子育てを自然豊かで緑の多い場所で行いたいと
考える方は多いかもしれませんが、
実際には、親が都会で仕事をしている場合など、
望んでいる環境にはないということも
少なくありません。

緑地へのアクセスのしやすさと
子どものメンタルヘルスについての研究記事を
ご紹介します。

デンマークのオーフス大学の研究グループが、
1985年から2013年までに撮影された衛星写真を使って、
0歳から10歳までのデンマークの子ども94万3027人を
対象として、どれぐらい緑地の近くで暮らしていたのかが
わかる地図を作成しました。

また、対象者のメンタルヘルス、社会経済的な状況、
居住地といった時系列的なデータも収集。

その結果、どのようなことがわかったでしょうか。
緑の多い場所で育った方には経験があることも
多いかもしれません。

詳しくはリンク記事でご確認ください。


緑地の少ない場所で子ども時代を過ごした人は、その後の人生において精神疾患になるリスクが55%も高かったと最新の調査で示されました。都市は建物の建設で緑地が犠牲になりがちですが、人の生活に有益な「緑地」を考慮した都市計画の必要性が叫ばれています。

情報源: 緑の少ない場所で育った子どもは精神疾患のリスクが55%も高い

 


error: