学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

タカが獲物を徹底的に追い詰める仕組みが判明、無人偵察ドローンへの応用も|GIGAZINE


鳥類の中でも積極的に狩りを行う猛禽類として
知られている「タカ」。

鷹|Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/鷹

今回ご紹介するのは、ハヤブサとタカの狩猟方法が
異なることを発見した研究です。

オックスフォード大学の研究者らは
タカが獲物を追跡するシステムは、
同じ猛禽類のハヤブサとは違ったものである
ということを発見。

ハヤブサは視線に捉えた獲物に対して、
自分が飛行する方向が常に一直線になるように
向きを変えて追跡するそうですが、
タカはそうではないのだそう。

研究チームは5羽の訓練されたタカの一種である
モモアカノスリを使って、ジグザグに逃げる
ダミーの獲物を追いかけさせ、
その様子をムービーに収めて分析。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


タカは鳥類の中でも積極的に狩りを行う猛禽類の一種であり、古くから人間は訓練したタカを使った狩りなども行ってきました。そんなタカが獲物を追跡するシステムは、同じ猛禽類のハヤブサとは違ったものであることを、オックスフォード大学の研究者らが発見しました。

情報源: タカが獲物を徹底的に追い詰める仕組みが判明、無人偵察ドローンへの応用も