学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

日本のサラブレッド370頭のゲノム解析:サラブレッドが速く走れる遺伝的背景を解明 | 日本の研究.com


ディープインパクトが急逝したことが
先日ニュースで流れてきて、多くの競馬ファンが
悲しみに包まれました。
飛ぶように走り、多くの競馬ファンを魅了した
この馬の遺伝子を種牡馬として多く残したことも
取り上げられていました。

ディープインパクト|Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ディープインパクト(競走馬)

競馬馬として採用されるサラブレッドは、
より高い競走能力を獲得するべく品種改良されてきましたが、
優秀な牡馬のみが、種牡馬として自分の遺伝子を
子孫に残すという人為的な選択をしていることでも
知られています。

総合研究大学院大学はゲノムレベル個体差を分析するため、
国内のサラブレッド市場(2010~2016年)で購買された
様々な種牡馬系統からなる健常なサラブレッド
370頭それぞれについて、67万箇所の個体間のDNAを調査。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 【プレスリリース】日本のサラブレッド370頭のゲノム解析:サラブレッドが速く走れる遺伝的背景を解明 | 日本の研究.com