Home > NEWS > 「富の不平等は必然的に生じる」と数理モデルで証明可能|GIGAZINE

「富の不平等は必然的に生じる」と数理モデルで証明可能|GIGAZINE


近年の社会問題として「格差社会」について
取り上げられることが増えています。

富は持つものに集中する一方で、
貧困層が拡大している状況は常に問題視されていますが
改善するどころか、世界的にもその状況が
ますます極端になりつつあります。

このような貧富の差が起こる原理を
数理モデルを使って解説した記事をご紹介します。

アメリカのタフツ大学経済学部の教授が、
「ゲーム」を活用して、富が一人に集中していく
ということを説明。さらに、「ヤードセールモデル」という
思考実験を通じて、「富の独占」について
説明しています。

詳しくはリンク記事でご確認ください。


アメリカのタフツ大学経済学部のブルース・ボゴシアン教授が、経済そのものが持つ原理によって「貧富の差は必ず生じる」という事実や「現実の経済では何が起きているのか」という問題に関して、数理モデルを使ってわかりやすく解説しています。

情報源: 「富の不平等は必然的に生じる」と数理モデルで証明可能

 


error: