Home > NEWS > 犬を飼い始めると飼い主の孤独感が解消されることが研究で確かめられる|GIGAZINE

犬を飼い始めると飼い主の孤独感が解消されることが研究で確かめられる|GIGAZINE


ストレスの多い現代。ペットによって癒されている
という人も多いかもしれません。
アンドラでは、犬や猫と人間の関係を調査した研究を
しばしばご紹介しています。

例えば、犬に関する研究だとこのような研究があります。
犬に関する研究を紹介したリスト|アンドラ
https://andla.jp/wp/?s=犬

今回ご紹介する研究も、犬と飼い主との関係についてです。
シドニー大学の研究チームは、
「犬が本当に人の精神的健康を向上させるのか?」
という点を確かめるため、
シドニーに住む71人の成人を対象に調査を実施。

「犬を飼いたいと思っており、実験開始から1カ月以内に犬を飼い始めるグループ」
「犬を飼いたいと思っているが、実験期間終了まで犬を飼わないことに同意したグループ」
「犬を飼うことに興味がないグループ」
の3つに分けて実験を行った結果、わかったこととは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。


人間は数万年前から犬と共に生きており、犬を飼っている多くの人々が「犬によって孤独感が和らげられ、幸せを感じている」と主張しています。シドニー大学の研究チームは「犬が本当に人の精神的健康を向上させるのか?」という点を確かめるため、「新しく犬を飼い始めた人々と犬を飼っていない人々」を比較する研究を行いました。

情報源: 犬を飼い始めると飼い主の孤独感が解消されることが研究で確かめられる

 


error: