Home > NEWS > 「培養肉」 の受容性の確認と受容性向上の施策検討を目的とした 「培養肉に関する大規模意識調査」 を実施 | 日本の研究.com

「培養肉」 の受容性の確認と受容性向上の施策検討を目的とした 「培養肉に関する大規模意識調査」 を実施 | 日本の研究.com


食糧不足が危機的な状況になるといった
話題がニュースなどにも流れてくることがあります。

現在の食糧調達方法以外の模索も続いており、
昆虫食やオキアミなどの海洋資源を食糧とする案など
さまざまな代替え案が出ていますが、
動物細胞を培養して生産される「培養肉」も
そのうちの一つと言えます。

弘前大学と日清食品ホールディングス株式会社の
研究グループは、日本初の
「培養肉に関する大規模意識調査」
を実施しました。

調査対象は、20歳から59 歳までの一般男女
2,000名です。
・「培養肉」は世界の食糧危機を可能性があるか
・あなたば「培養肉」を試しに食べてみたいと思いますか
といった質問への回答はどのような結果となったでしょうか。

詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 【プレスリリース】「培養肉」 の受容性の確認と受容性向上の施策検討を目的とした 日本初の 「培養肉に関する大規模意識調査」 を実施 | 日本の研究.com

 


error: