Home > NEWS > 山火事にスタンフォード大学発の新対策。事前にスプレーで火事発生を抑える|GIZMODO

山火事にスタンフォード大学発の新対策。事前にスプレーで火事発生を抑える|GIZMODO


毎年、世界的に大規模な山火事が発生していますが、
今年は特にアマゾンで発生した山火事や、
最近ではオーストラリアでコアラが被害にあった山火事など
規模が大きくなり、被害が深刻化してきています。

アメリカも山火事の被害が大きい国の一つであり、
カリフォルニア周辺はセレブリティが居住する地域が
あっという間に火の海の中に入ってしまう映像などが
しばしば流れるほど、人の暮らしている地域と
山火事の発生が起こる地域が近いことでも
知られています。

スタンフォード大学の研究チームは、
新たに発火抑止ジェルを開発して、
現在は検証を実施中だそうです。

これまでにはなかった、発火抑止ジェルは
どのような成分からできているのでしょうか?
また、その仕組みは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


自然災害を目の当たりにすると、人間の無力さを感じます。でも我々には最新テクノロジーがある!アメリカでは大規模山火事が深刻な問題で、年間1,000万エーカーが燃え、国は対策費用として20億ドル(約2168億円)を投資しています。が、発生した

情報源: 山火事にスタンフォード大学発の新対策。事前にスプレーで火事発生を抑える

 


error: