Home > NEWS > 需要・供給・人口動態の視点から、家庭における炭素利用の変化要因を解明 | 日本の研究.com

需要・供給・人口動態の視点から、家庭における炭素利用の変化要因を解明 | 日本の研究.com


二酸化炭素による温暖化の問題は、
最近の気候変動や災害の増加などにより
話題に出ることが増えています。

人間活動による化石燃料の使用や、
森林の減少など人間活動による
温室効果ガスの増加である可能性が
極めて高いと考えられています。

地球温暖化|気象庁
https://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/chishiki_ondanka/index.html

視点を落としてみると、私たちが普段使っている
日用消耗品や家財などの商品が、
私たち消費者の手に商品が渡るまでには、
原料を調達する過程、生産する過程などで
間接的に二酸化炭素が排出されています。

長崎大学、東北大学、九州大学、国立環境研究所の
共同研究グループは、日用消耗品や家財が、
日本の消費者の手に渡るまでに、
間接的に排出された二酸化炭素と、
プラスチック樹脂や木材を原材料とする商品に
含有されている炭素量の構造について解析。

その量はどのくらいで、どのようなことが原因で
炭素量の増加につながっているのでしょうか。

詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 【プレスリリース】需要・供給・人口動態の視点から、家庭における炭素利用の変化要因を解明: 消費された木材・紙・プラスチックは、1210万トン分の二酸化炭素貯留に匹敵 | 日本の研究.com

 


error: