Home > NEWS > 大気汚染の悪化は暴力犯罪の増加と相関しているとの研究結果|GIGAZINE

大気汚染の悪化は暴力犯罪の増加と相関しているとの研究結果|GIGAZINE


大気汚染に関する研究はさまざまな大学や
研究機関で実施されており、病気との関連や、
認知機能や知能などへの影響に関する
研究結果も多く発表されています。

アンドラでご紹介した「大気汚染」に関する研究
https://andla.jp/wp/?s=大気汚染

今回ご紹介する研究は、コロラド州立大学の
研究チームが行った、大気汚染と暴力犯罪の
関係についての研究です。

研究チームは、
・FBIが管理する犯罪関連データベースであるNational Incident-Based Reporting System
・アメリカ合衆国環境保護庁によって観測された2006年~2013年の群レベルの大気汚染データ
・アメリカ海洋大気庁のハザードマッピングシステムが提供する衛星画像からの山火事の煙汚染データ
という、3つの詳細なデータセットをクロス分析。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


大気汚染は呼吸器などの病気を引き起こすことが知られているほか、人々の知能を低下させることもわかっています。コロラド州立大学の研究チームが行った研究により、新たに「大気汚染の悪化が暴力犯罪の発生件数増加に相関している」ことが判明しました。

情報源: 大気汚染の悪化は暴力犯罪の増加と相関しているとの研究結果

 


error: