学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

AIで野菜の市場価格を予測 豊橋技術科学大学などがアルゴリズムを開発 | 大学ジャーナルオンライン


植物工場で生産された野菜が増えています。
露地物の野菜と比べると計画的に生産することが
可能なため、導入する農家や企業が増えています。

しかし、実際に販売する段階になると、
天候の変動に生産量が左右される露地物野菜の影響で、
販売機会の損失などの影響があるそうです。

こうした問題をできるだけ回避する方法として、
豊橋技術科学大学と株式会社ファームシップが、
人工知能を活用した野菜の市場価格の
予測アルゴリズムを開発したそうです。

その方法とは?
予測された結果の「市場価格予測配信サービス」は
NEDOプロジェクトの成果として無償公開しているそうです。
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 
豊橋技術科学大学は株式会社ファームシップと共同で、人工知能を活用した野菜の市場価格の予測アルゴリズムを開発。1、2カ月先の野菜の市場価格を高精度に予測することで、野菜の廃棄や販売機会の損失削減効果が期待できる。 現在、植物工場の野菜需要は露地野菜の供給量の変動に大きく左右され、生産した野菜の廃棄や販売機会の損失が生じている。効率的な生産が可能であるにも関わらずその特徴を生かせていないのが現状だ。

情報源: AIで野菜の市場価格を予測 豊橋技術科学大学などがアルゴリズムを開発 | 大学ジャーナルオンライン