学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

相手の意見に賛同できないとき脳内では何が起こっているのか?|GIGAZINE


いつでも自分の意見と相手の意見が
一致するわけではありません。
時に、相手の意見に賛同できないまま、会話を続け、
疲弊してしまうということもしばしば起こります。

ロンドン大学の研究チームは、こうした人の脳が
「意見の不一致」にどう反応するのかを調べるための
実験を行いました。

42人のボランティアを2人1組のペアとして、
互いに不動産を評価するという実験です。
評価に基づいてお金をかけてもらいます。
その際、研究者は被験者の脳活動を脳スキャンで記録。
ペアとなる2人の被験者はガラスの仕切り越しに
互いがどのように不動産を評価して、
お金をかけているのかを見ることが可能になっています。

意見が一致しているときと、不一致の場合、
脳ではどのようなことが起こっているのでしょうか?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


意見の不一致があったとき、相手を説得して同意を得られるようにすることは至難の業です。新たな研究では意見の不一致がみられた時に脳では何が起こっているのかを観測しており、そこから研究者は「相手を説得するためのポイント」を導き出しています。

情報源: 相手の意見に賛同できないとき脳内では何が起こっているのか?