Home > NEWS > 「交渉はかえって裏目に回る」との指摘、それではやむをえず交渉をする場合は一体どうすればいいのか?|GIGAZINE

「交渉はかえって裏目に回る」との指摘、それではやむをえず交渉をする場合は一体どうすればいいのか?|GIGAZINE


交渉が必要な場面に臨む場面は
仕事をしているときなど誰しもが経験することの
ひとつなのかもしれません。

人によって初めから強気で出てくる人もいれば、
穏やかな話し合いの中から双方の利益に
つながるような交渉の場がもてることもあります。
交渉に有意義な時間となることもあれば、
無駄な時間を過ごしたと思うこともあります。

ペンシルベニア大学ウォートンビジネススクールの
モートン・シュヴァイツァー教授が、 こうした交渉に関して
参加者を会社の労働者に見たてた実験を行いました。

労働者を「賃金について雇用者と交渉するグループ」と
「交渉しないグループ」に分けて、
交渉がその後の仕事にどのような影響を与えるかを
観察したそうです。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

家族や友だちとのちょっとしたルールづくりから、仕事での給料や待遇を巡る労使交渉に至るまで、人々の生活には協議や折衝があふれています。こうした交渉を「いかに有利に進めるか」という研究はこれまで多く行われてきましたが、肝心の「交渉した後」についてはあまり注目されてきませんでした。ペンシルベニア大学ウォートンビジネススクールのモートン・シュヴァイツァー教授が、心理学者としての立場から「そもそも交渉をすべきかどうかよく考えるべき」と指摘しています。

情報源: 「交渉はかえって裏目に回る」との指摘、それではやむをえず交渉をする場合は一体どうすればいいのか?

 


error: