Home > NEWS > 心理的苦痛の程度は相談相手がいない者で有意に高かった 宮城県応急仮設住宅等入居者健康調査 | 日本の研究.com

心理的苦痛の程度は相談相手がいない者で有意に高かった 宮城県応急仮設住宅等入居者健康調査 | 日本の研究.com


東日本大震災で仮設住宅への入居を
余儀なくされた人は多く、これまで暮らしていた
地域のコミュニティを保つことが難しくなり、
心理的な苦痛を抱えている人が多いことは
多くの報道などでも取り上げられています。

宮城県内の35自治体で
自記式質問票を郵送にて配布・回収する調査を
・民間賃貸借上住宅で 2011 年~2016 年の全6回(n=1,084)、
・プレハブ住宅で 2012 年~2016 年の全5回(n=1,515)
実施したそうです。

東北大学が、この調査に繰り返し全て回答した
18 歳以上の者を対象に、
民間賃貸借上住宅・プレハブ住宅別に、
心理的苦痛に関わる要因を検証した結果、
わかったこととは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 【プレスリリース】心理的苦痛の程度は相談相手がいない者で有意に高かった ~宮城県応急仮設住宅等入居者健康調査~ | 日本の研究.com


error: