Home > NEWS > 持続する体内時計の乱れは免疫老化を促進する ~「ズレ」が引き起こす病態メカニズムの一端を解明~ | 日本の研究.com

持続する体内時計の乱れは免疫老化を促進する ~「ズレ」が引き起こす病態メカニズムの一端を解明~ | 日本の研究.com


シフトワーカーを対象とした多くの疫学研究によって、
うつ病、メタボリックシンドローム、心筋梗塞、
脳卒中、不妊症、がんなど多岐にわたる
疾患リスクと体内時計の関連が指摘されています。

アンドラでも「体内時計」に関する研究を
これまでにも学習ニュース拾い読みとして
紹介してきています。

「体内時計」に関する記事|アンドラ
https://andla.jp/wp/?s=体内時計

京都府立医科大学、京都大学 、
理化学研究所・千葉大学の共同研究グループは、
体内時計を明暗シフト(この実験の場合は、
ライトの ON/OFF のタイミングだけが異なる)によって
かく乱する条件下で長期間マウスを飼育し観察する
「マウスコホート研究」という実験系を構築。

約20ヶ月にわたりマウスを飼育し観察して
実験を行いました。

実験の結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 


情報源: 【プレスリリース】持続する体内時計の乱れは免疫老化を促進する~体内時計と生活時間の「ズレ」が引き起こす病態メカニズムの一端を解明~ | 日本の研究.com


error: