心と体をつなぐ心身相関の仕組みを解明―ストレス関連疾患の新たな治療戦略へ― | 日本の研究.com


「病は気から」といわれることがありますが、
心が放つストレスや信号が自分の「体」に
影響を与えて、体調を崩したという経験をしたことが
ある方は多いかもしれません。

このような「心」と「体」のつながりは、
心理ストレスや情動が体の調節に影響を与え、
さまざまな身体反応が生じる「心身相関」と
呼ぶそうです。今回は、この「心身相関」に関する
研究をご紹介します。

名古屋大学大学院医学系研究科統合生理学
の研究グループは、こうした心身相関に関わる
脳の神経メカニズムを解明するため、
ラットを使い、視床下部の中で交感神経系を
調節する視床下部背内側部という領域へ心
理ストレスの信号を入力する神経伝達路を
探索したそうです。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

情報源: 【プレスリリース】心と体をつなぐ心身相関の仕組みを解明―ストレス関連疾患の新たな治療戦略へ― | 日本の研究.com