いつ、どの程度の確率でアルツハイマー病が発症するか?追手門学院大学など予測成功 | 大学ジャーナルオンライン


何らかの原因により記憶や認識、判断などの
認知機能が低下し、生活に支障をきたしている
状態は「認知症」とされ、「認知症」には
さまざまな類型があります。

その類型のうち最も多いとされているのが
アルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)です。

アルツハイマー型認知症とは?発症のしくみや症状|LIFULL介護
https://kaigo.homes.co.jp/manual/dementia/basic/alzheimer/

追手門学院大学、島根大学、株式会社ERISAの
共同研究チームは、「いつ、どの程度の確率で
アルツハイマー病を発症するのか」を予測するため、
健康な人とアルツハイマー病患者の脳のMRI画像
合わせて2142例とその後の発症状況を追跡したデータを、
深層学習で解析。

解析の結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

 認知神経科学を専門とする追手門学院大学の小野田慶一教授と島根大学医学部神経内科の長井篤教授および株式会社ERISAの共同研究チームは、脳のMRI構造画像から「いつ、どの程度の確率でアルツハイマー病を発症するのか」予測することに成功した。 いつ、どの程度の確率でアルツハイマー病が発症するか? 追手門学院大学など予測成功

情報源: いつ、どの程度の確率でアルツハイマー病が発症するか? 追手門学院大学など予測成功  | 大学ジャーナルオンライン