Home > NEWS > シカ死体の除去に関わる動物たち―日本の森林生態系に新たな知見 | 大学ジャーナルオンライン

シカ死体の除去に関わる動物たち―日本の森林生態系に新たな知見 | 大学ジャーナルオンライン


ハイエナやジャッカル、ハゲワシやハシブトガラスなどは
動物の死体の肉を食べることで知られており、
腐肉食動物(スカベンジャー)と呼ばれて、
生態系において重要な役割を担っています。

腐肉食|Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/腐肉食

日本では、ハゲワシなど死肉の採食に特化した
動物がいないため、どのように大型動物の死体が
消失するのかはよくわかっていないそうです。

東京農工大学、イリノイ大学、東京農業大学の
共同研究チームは、日本における大型動物死体の
スカベンジャーになりうる動物種と、
それらの動物による死体の利用状況を調査。

日本において、シカ死体のスカベンジングを
行っているのはどのような動物でしょうか?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 
動物の死体は、捕獲などのコストをかけずに得られる食物資源である。また、死肉を食べる動物(スカベンジャー)は、生態系の維持や物質循環の上で重要な役割を担う存在だ。 シカ死体の除去に関わる動物たち―日本の森林生態系に新たな知見

情報源: シカ死体の除去に関わる動物たち―日本の森林生態系に新たな知見 | 大学ジャーナルオンライン

 


error: