Home > NEWS > セキュリティ警告を数多く見過ぎると人間の脳は部分的に停止するということがMRIで判明|GIGAZINE

セキュリティ警告を数多く見過ぎると人間の脳は部分的に停止するということがMRIで判明|GIGAZINE


ウェブサイトを見ていると、セキュリティに関する警告や
何かのアラート表示などのポップアップ画面が
表示される場合があります。
危険な状態になる前にお知らせしてくれている
とわかっていても、うんざりすることもあります。

こうしたセキュリティ警告が実際に
「どれほどの抑止力を持っているのか?」ということを、
ピッツバーグ大学・ブリガムヤング大学・Googleが
MRIを使って検証する実験を行いました。

研究チームは25人の学生に
MRI(核磁気共鳴画像法)の中で560枚の
ソフトウェアのウィンドウやセキュリティ警告を見てもらい、
脳の注意力に関連する部分の反応を分析を実施。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


SSLサーバ証明書の設定方法などに問題があるページや認証されていないソフトウェアを開くと、セキュリティ警告がポップアップします。インターネットに親しんできたユーザーなら何度も見ている警告ウィンドウですが、このセキュリティ警告を何度も見ることで、人間の注意力が極端に低下していることがGoogleと複数の大学との共同研究論文で明らかになっています。

情報源: セキュリティ警告を数多く見過ぎると人間の脳は部分的に停止するということがMRIで判明

 


error: