学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

犬は「苦しんでいる飼い主のことを助けたい」と思っているという研究結果|GIGAZINE


犬は人間に寄りそう動物です。
そんな大事にされていた犬が、飼い主がピンチのときに
助ける行動を取ろうとするのかどうかを
実験で検証した研究をご紹介します。

アリゾナ州立大学の研究チームが
人を救出するための特殊な訓練を受けたことのない
普通の犬60匹とその飼い主を対象として、
「助けて」という真に迫った声を出すレクチャーを受けた
飼い主が室内に置かれた箱の中に入って
「助けて」と呼びかけ、箱の外側にいる犬が
どのように反応するのかが観察。

追加の実験では、飼い主がエサを箱の中に入れて、
犬がそのエサを取るためにフタを開けるかどうか
も調査されました。

2つの実験からわかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


「大切にされていた犬が飼い主を助けるために行動する」という話は多くの国や地域に伝わっており、犬が人間に強い愛着を持っていることを示すエピソードとして語られています。その一方で、犬が実際に飼い主をどれほど助けたいと思っているのかについて、科学的な調査はあまり行われてきませんでした。そこで、アリゾナ州立大学の研究チームが60匹の犬を対象にした実験を行ったところ、「犬は本当に飼い主を助けたいと思っている」という結果が示されました。

情報源: 犬は「苦しんでいる飼い主のことを助けたい」と思っているという研究結果