Home > NEWS > 試験管内の細胞からニジマスが誕生、東京海洋大学が生殖幹細胞で新技術を開発 | 大学ジャーナルオンライン

試験管内の細胞からニジマスが誕生、東京海洋大学が生殖幹細胞で新技術を開発 | 大学ジャーナルオンライン


ニジマスは河川の渓流域や冷水の湖沼に住み、
釣りをする人にも有名な魚です。
実は外来魚であり、原産地は太平洋東岸と
カムチャツカ半島で、日本では放流魚がほとんどだそう。

ニジマスの特徴|Honda釣り倶楽部
https://www.honda.co.jp/fishing/picture-book/nijimasu/

東京海洋大学の吉崎悟朗教授の研究グループは、
ニジマスの卵と精子のもとになる細胞(生殖幹細胞)を
試験管内で大量増殖させる技術の開発に
成功したそうです。

その方法とは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 東京海洋大学の吉崎悟朗教授の研究グループは、ニジマスの卵と精子のもとになる細胞(生殖幹細胞)を試験管内で大量増殖させる技術の開発に成功。全動物を通じて初めての報告となる。 試験管内の細胞からニジマスが誕生、東京海洋大学が生殖幹細胞で新技術を開発

情報源: 試験管内の細胞からニジマスが誕生、東京海洋大学が生殖幹細胞で新技術を開発 | 大学ジャーナルオンライン

 


error: