安全なシリカのみからなる三色の顔料を組み合わせてあらゆる色の発色が可能に | 日本の研究.com


塗料や色材などに含まれる鉛や有害な重金属は
人の健康や環境にもたらす影響が大きいとされ、
見直しが進められています。

例えば、水銀、カドミウム、六価クロムなどの
重金属や、アゾ染料などのついても使用が
規制されるようになってきました。

名古屋大学大学院工学研究科の研究グループは、
我々人間が、これまでの生活において利用してきた
従来の色材に遜色ない鮮やかな色相の顔料を、
安全な非晶性のシリカからできたコロイド粒子のみを
用いて作ることに挑戦。

色の三原色であるシアン、マゼンダ、イエローの三色ではなく、
光の三原色であるRGB(赤、緑、青)を使う
顔料の仕組みとは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 


情報源: 【プレスリリース】安全なシリカのみからなる三色の顔料を組み合わせてあらゆる色の発色が可能に | 日本の研究.com