不要不急の外出を控えて社会的距離を保つと新型コロナウイルスの流行はどの程度抑えられるのか?|GIGAZINE


新型コロナウイルスの感染状況を表す値として、
基本再生産数(R0)」という用語が出てくることがあります。

この値は、「感染症の患者1人が平均して
どれほどの人数に感染症を拡散させるのか」
を示す値で、この値をベースに今後の感染状況を
予測したり分析したりするために利用されています。

ペンシルベニア大学医学大学院の研究チームは、
この「基本再生産数(R0)」を利用して、
アメリカの各州にまたがりアメリカの総人口の54%を
カバーする211の郡を対象に、新型コロナウイルスの
流行抑制に関連する要因を調べる研究を行っています。

2020年2月25日~4月23日までの約2カ月間の
スマートフォンの位置情報や期間中の温度、
対象となる地域の人口密度などのデータを収集。

「基本再生産数(R0)」の減少に関連していた
人々の行動とは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

新型コロナウイルスの感染を抑えるためにはできるだけ人との接触を減らし、社会的距離を保つ生活を送ることが重要だといわれています。実際に社会的距離を保つことでどれほど新型コロナウイルスの流行を抑制できるのかについて、スマートフォンの位置データに基づいて分析した結果が医学誌のJAMA Network Openに報告されました。

情報源: 不要不急の外出を控えて社会的距離を保つと新型コロナウイルスの流行はどの程度抑えられるのか?