学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

マイクロプラスチックはここまで拡散していた|NATIONAL GEOGRAPHIC


マイクロプラスチックが海洋などを汚染していることは
最近頻繁にニュースとなり、周知のこととなっていますが
具体的にどのように環境を汚染しているのかを
さまざまな研究から考察した記事をご紹介します。

オーストラリア、フリンダース大学の海洋科学者たちによる
調査研究では、モルディブのごみには世界最高レベルの
マイクロプラスチックが含まれているという統計結果を発表。

カナダのトロント大学の海洋生態学者は、
プラスチックが集まりやすいホットスポットに移動する速さや、
生態系を移動する間にプラスチックがどう変化するかを
研究しています。

英国のプリマス海洋研究所、エクセター大学、
キングスカレッジのチームと、調査船を提供した
米バーモンド州のロザリア・プロジェクトは、
餌に似た極小のナノプラスチックや繊維を採取するために、
網目が細かい網を使用し、大西洋両岸の沿岸の
海水をサンプルとして採取して調査。

英国では、サウスウェールズ州の河川沿いの15カ所で、
科学者のチームがムナジロカワガラスの糞と吐き戻しを
詳しく調査しています。

また、中国農業科学院の研究者たちは、
プラスチック製の覆いを使用する農法が収穫量に
どのような脅威をもたらす恐れがあるかを調査。

米ユタ州立大学の科学者、ジャニス・ブラーニー氏は、
風が窒素やリンなどの栄養素をどのように米国西部に
拡散しているかを調査しています。

これらの研究からわかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

マイクロプラスチックによる海や土壌、生物の汚染が深刻だ。実態をつかむため、従来よりさらに微小な粒子の採取に取り組むなど、新たな研究が立て続けに発表されている。

情報源: マイクロプラスチックはここまで拡散していた