学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

新型コロナでひきこもり増加の可能性、名古屋大学など指摘 | 大学ジャーナルオンライン


名古屋大学、英国グラスゴー大学の
共同研究グループは、英国における
「ひきこもり」の関心の高まりに応える形で、
英国における青年の「ひきこもり」の現状把握などの
調査を2016年以降実施してきたそうです。

今年の新型コロナウイルス感染症による影響で、
2020年3月以降、各国がロックダウンを行い、
解除後も以前のような社会には戻っておらず、
新しい生活様式が求められています。

このような生活様式は、これまで以上に
「ひきこもり」に至ってしまう状況が高まり、
さらにそれが今後も続いていくと考えられます。

研究チームが調査した結果から指摘したこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

新型コロナでひきこもり増加の可能性、名古屋大学など指摘

情報源: 新型コロナでひきこもり増加の可能性、名古屋大学など指摘 | 大学ジャーナルオンライン