学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

ソフトウエア技術者の能力と加齢との関係を明らかに 中高年労働力の活用促進に期待|近畿大学


デジタル化への移行という社会的な背景もあり、
慢性的なソフトウェア開発者の人員不足を解消する
一つの鍵として中高年技術者の活用が考えられます。

ただ、加齢がひとつのハードルとなっています。
この加齢による能力の低下を補うことができれば
活躍の場を現在よりも広げることができます。

近畿大学理工学部情報学科の研究グループは、
ソフトウエア技術者の能力と加齢との関係について
調査するため、
・記憶能力の高低が理解時間に影響しにくいプログラム
・記憶能力の高低が理解時間に影響しやすいプログラム
の2つを用意し、被験者を
・若年グループ(22歳から24歳の24人)
・中高年グループ(33歳から64歳の8人)
に分けて、それぞれのプログラムの理解にかかる時間を
計測したそうです。

調査の結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

情報源: ソフトウエア技術者の能力と加齢との関係を明らかに 中高年労働力の活用促進に期待