学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

対人関係と経済は同じ脳部位で価値判断される、神戸大学などが実証 | 大学ジャーナルオンライン


友人のために時間を使ったり、注意を払ったりすることを
対人関係へコミットしていることを示すものとして
「コミットメント・シグナル」と呼ぶそうです。
このシグナルにより、相手との関係は
より大事だと考えるようになるとのこと。

神戸大学大学院、名古屋大学大学院、
愛知医科大学、高知工科大学の研究グループは、
コミットメント・シグナルに応じて、
相手との関係の価値を判断する脳部位を
調べるため、実験を行いました。

合計20代の男女22人が参加した実験では、
合計30種類の場面を用いて、
別々の出来事を想像してもらい、
その時に脳の活動を検証したそうです。

実験の結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

 神戸大学大学院、名古屋大学大学院、愛知医科大学、高知工科大学の研究グループは、友人からの「コミットメント・シグナル」に応じて、友人との関係の価値が、経済的価値全般を計算するのと同じ部位である眼窩前頭皮質で判断されていることを明らかにした。 対人関係と経済は同じ脳部位で価値判断される、神戸大学などが実証

情報源: 対人関係と経済は同じ脳部位で価値判断される、神戸大学などが実証 | 大学ジャーナルオンライン