学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

世界水準の体操選手、脳の灰白質が増加 順天堂大学が発見 | 大学ジャーナルオンライン


体操選手は、回転を伴う運動が多く、
しかも運動しながら狙った場所に着地するための
スキルが必要です。

世界的に活躍する体操選手を対象にして、
このような運動によって、脳の部位がどのように
変化しているのかを探る研究をご紹介します。

順天堂大学・大学院の研究グループは、
世界大会で入賞歴を持つ現役の
日本人体操選手10人と
体操競技の経験がない健常者10人の脳について、
MRI(核磁気共鳴画像法)で構造を解析と、
灰白質の体積を比較したそうです。

その結果、わかったこととは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

 世界クラスの体操競技選手の脳で運動機能や空間認識、視覚などをコントロールする灰白質の体積が増加していることを、順天堂大学スポーツ健康科学部の福尾誠非常勤助教、大学院スポーツ健康科学研究科の和氣秀文教授らの研究グループが突き止めた。 世界水準の体操選手、脳の灰白質が増加 順天堂大学が発見

情報源: 世界水準の体操選手、脳の灰白質が増加 順天堂大学が発見 | 大学ジャーナルオンライン