学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

長生きするために摂取すべき栄養素の比率は年齢によって大きく異なるという研究結果|GIGAZINE


生命表は、観測時点における各年齢階級の
死亡率が今後も続くと仮定した場合、
集団(一般に10万人)の誕生から
全員の死亡までの変遷を生命関数によって示す
という資料です。

生命表|Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/生命表

今回は、この生命表を用いた研究を
ご紹介します。

シドニー大学の研究チームは、
103カ国が公開している計1879個の生命表と
国際連合食糧農業機関が公開している
主要栄養素の供給データ、および一人あたりの
国内総生産などを統合的に分析。

分析の結果、死亡リスクを最小化する
栄養素の比率が年齢ごとに異なるという結果と
なったそうですが、その栄養素の比率とは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 


食事によって体に取り入れられる栄養素は、人の健康、ひいては寿命に大きな影響を与えます。シドニー大学の研究チームが発表した新たな研究は、寿命を損なわないために摂取すべき脂質・タンパク質・炭水化物の比率が「年齢によって大きく変化する」可能性を示唆しています。

情報源: 長生きするために摂取すべき栄養素の比率は年齢によって大きく異なるという研究結果