学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

赤ちゃんが産声を上げられるのはオートファジーのおかげ? 東大の最新研究を解説|NATIONAL GEOGRAPHIC


「オートファジー」は、細胞が持っている、
細胞内のタンパク質を分解するための
仕組みのひとつです。

オートファジー|Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/オートファジー

この「オートファジー」は、2016年に
ノーベル生理学・医学賞を受賞した
東京工業大学の大隅良典教授の研究と
しても知られています。

ノーベル生理学・医学賞2016 大隅良典栄誉教授|東京工業大学
https://www.titech.ac.jp/nobel/

今回ご紹介するのは、この「オートファジー」が
どのような働きをするものなのかという解説とともに、
お母さんの子宮の中にいる胎児が出産前には
肺を一切使っていないのに、生まれてすぐに
肺呼吸に切り替わる仕組みについて
「オートファジー」がどのように関係しているかが
説明されています。

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像人間の肺や魚の浮き袋を正常に機能させるうえで「オートファジー」が重要な役割を果たしていることを、東京大学の研究グループが明らかにした。

情報源: 赤ちゃんが産声を上げられるのはオートファジーのおかげ? 東大の最新研究を解説