学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

コロナワクチン、説明の仕方で接種意向を左右 関西大学が調査 | 大学ジャーナルオンライン


情報が溢れる時代にどのような情報を得て
人々が行動を起こすのかということへの
研究が進められています。

今回は、新型コロナウイルスのワクチンを
行うかどうかが与えた情報で違ってくるかどうかを
調査した研究をご紹介します。

関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構が
一般の人々を対象に、新型コロナワクチンに
関する接種意向を把握するため、
インターネットを通じた調査を実施。

その調査では、以下のような形で
情報提供を行なった場合にワクチンの
摂取を希望するかどうかを調査。
・特に情報を与えない場合
・「100人がワクチンを接種すると95人が
 発病を防げた」と伝えた場合
・「100人がワクチンを接種しても
 5人は発病を防げない」と伝えた場合
・「0.02%に副作用かもしれない
 重い症状が出た」と伝えた場合

調査の結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

 関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構が一般の人々を対象に新型コロナワクチンに関する接種意向を聞き取ったところ、希望者の割合が説明の仕方によって大きく変化することが分かった。戦略研究機構は医療・介護関係者らがワクチンについて十分な理解を促す情報を伝え、個人の判断を尊重する必要があるとしている。 コロナワクチン、説明の仕方で接種意向を左右 関西大学が調査

情報源: コロナワクチン、説明の仕方で接種意向を左右 関西大学が調査 | 大学ジャーナルオンライン