学習ニュース拾い読みのアイキャッチ画像

海鳥の目線で海洋ゴミの分布とアホウドリへの影響を調査|国立極地研究所・北海道大学


北海道大学、名古屋大学、東京大学、
東京農業大学、国立極地研究所を中心とする
山階鳥類研究所の共同研究チームは、
海鳥の一種である13羽のクロアシアホウドリを
対象として、バイオロギング研究
(GPSなどのロガーを取り付けて行動を
調査する手法)を用いて、クロアシアホウドリの
行動海域における大型海洋ゴミの分布と、
ゴミへの誘引過程を調査。

彼らに取り付けたビデオ記録計が撮影した
画像からわかったこととは?

また、映像が記録された時刻と
GPSによる位置情報を照合して
分析した結果、わかったこととは?

詳しくはリンクのPDFでご確認ください。

 

学習ニュース拾い読みのアイキャッチ画像

海鳥の目線で海洋ゴミの分布とアホウドリへの影響を調査
 〜採餌海域内にゴミ、誤食を懸念〜|大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立極地研究所・北海道大学

情報源:https://www.hokudai.ac.jp/news/pdf/210709_pr4.pdf