学習ニュース拾い読みのアイキャッチ画像

ハチドリは昆虫の匂いを嗅ぎ分けられることが判明、鳥は嗅覚が弱いという通説を覆す発見|GIGAZINE


鳥類の中でも体が最も小さい種類で、
マメハチドリは世界最小の鳥で2gしかありません。
このハチドリは独特の飛び方をすることでも
知られていて、ホバリングしながら
頭の位置と方向を維持して飛ぶことができます。

ハチドリ|Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ハチドリ

カリフォルニア大学リバーサイド校の研究チームは、
ハチドリが花ではなく昆虫の匂いを
かぎ分けている可能性を追求するべく、
複数種の昆虫の匂いを付けた
エサ箱を設置し、ハチドリの反応を調査。

ハチドリは昆虫の匂いを嗅ぎ分けたのでしょうか?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

ハチドリは鳥類の中でもっとも小さい体を持ち、翼を高速で羽ばたかせてホバリングするという特徴を持っています。そんなハチドリが「昆虫の匂いを嗅ぎ分ける能力」を持っていることがカリフォルニア大学リバーサイド校の研究チームによって明かされました。

情報源: ハチドリは昆虫の匂いを嗅ぎ分けられることが判明、鳥は嗅覚が弱いという通説を覆す発見