学習ニュース拾い読みのアイキャッチ画像

果物が追熟するのは何のため? ~見逃されていた生態学的意義を初めて検証~ | 東京大学


果物の中には、硬いうちに収穫して、
追熟という工程を経て、市場で
販売されるものがあります。

追熟する果物と追熟しない果物が
なぜ生まれたのかについて、
調査した研究をご紹介します。

東京大学大学院農学生命科学研究科の
研究グループは、果物は種子散布者への
報酬であることに注目。

追熟/非追熟は異なるタイプの
種子散布者への適応形質であるという
仮説のもと、80種の果物を対象に
文献調査を行い、それぞれの果物の
野生集団がどんな動物によって
種子散布されているかを調査。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

果物が追熟するのは何のため? ~見逃されていた生態学的意義を初めて検証~

情報源: 果物が追熟するのは何のため? ~見逃されていた生態学的意義を初めて検証~ | 東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部