学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

江戸時代の人骨から口腔内細菌叢を解析 ―歯石DNAから江戸時代の口腔内細菌群を特定― | 日本の研究.com


現代に生きる私たちと、江戸時代に
暮らしていた人たちの口腔内細菌に
違いがあるかどうかを調査・分析した
研究結果をご紹介します。

東京医科歯科大学、総合研究大学院大学、
新潟医療福祉大学、東京大学、日本大学の
共同研究グループは、東京の深川から
発掘された江戸時代後期のヒト(町人)
12個体の古人骨と付着していた
歯石から抽出した細菌のDNAから
当時の口腔疾患罹患状況と
口腔内の細菌組成の評価を実施。

日本は島国であり、江戸時代には
長きにわたり鎖国政策が実施されていて、
日本と諸外国との貿易が極端に制限されました。
こうした条件による口腔内細菌への
影響はあったのでしょうか?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

情報源: 【プレスリリース】江戸時代の人骨から口腔内細菌叢を解析 ―歯石DNAから江戸時代の口腔内細菌群を特定― | 日本の研究.com