学習ニュース拾い読みのアイキャッチ画像

千葉商科大学、福祉施設で栽培したトマトでオリジナルビールを開発 10/18~販売開始|大学ジャーナルオンライン


最近、小規模な醸造所がつくる、
多様で個性的なビールである
クラフトビールを生産するところが
増えています。そのため、さまざまな街で
オリジナルのビールを見かけることも
増えているのではないでしょうか。

今回は、大学のゼミが開発した
クラフトビールがまもなく発売されるという
記事をご紹介します。

千葉商科大学人間社会学部の
勅使河原隆行教授ゼミナールは、
商品開発を通じて地域活性化に貢献したい
との思いから、千葉県内の福祉施設で
栽培したトマトを使用した
オリジナルクラフトビール「ルビール」を開発。

2021年10月18日(月)から
市川市内の酒類取扱店4店舗で
販売を開始するそうです。

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

 千葉商科大学人間社会学部の勅使河原隆行教授ゼミナールは、商品開発を通じて地域活性化に貢献したいとの思いから、千葉県内の福祉施設で栽培したトマトを使用し、オリジナルクラフトビール「ルビール」を開発した。2021年10月18日(月)から市川市内の酒類取扱店4店舗で販売を開始する。 千葉商科大学、福祉施設で栽培したトマトでオリジナルビールを開発 10/18~販売開始

情報源: 千葉商科大学、福祉施設で栽培したトマトでオリジナルビールを開発 10/18~販売開始