学習ニュース拾い読みのアイキャッチ画像

北海道内主要産地の小麦収量は開花期の晴天で増加、曇天・雨天で減少する | 日本の研究.com


十勝やオホーツク地域などの
北海道東部が主要産地となっている
小麦は、品種改良や栽培技術の向上が
年々増加しているものの、年ごとの収穫量は
増減が激しい状況です。

これまでの研究で、小麦収量が減少する
最大の気象要因として6~7月の高温と
曇天であることが明らかになっているそうですが、
それを考慮しても収量低下の原因が
分からない年があったのだそうです。

農業・食品産業技術総合研究機構と
東京農業大学の研究グループは、
1984年から2020年の
北海道内主要産地の小麦収量について、
汎用的作物生育解析モデルから
計算した「最大可能収量」と
「実際の収量」の差と、6種類の数日単位の
短期的な気象条件との関連を調査。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

情報源: 【プレスリリース】北海道内主要産地の小麦収量は開花期の晴天で増加、曇天・雨天で減少する – 最大で35%増減、開花を早めるのが生産安定のカギ – | 日本の研究.com