学習ニュース拾い読みのアイキャッチ画像

朝食抜き、毎日飲酒、喫煙などの生活習慣で「抗肥満作用」が低下か 大阪大学|大学ジャーナルオンライン


抗肥満作用をもつ因子として知られる
線維芽細胞増殖因子
Fibroblast growth factor 21
(FGF21)。

大阪大学の研究グループは、このFGF21の
血中濃度と生活習慣との関連について
調べるため、健康診断を受検した
基礎疾患のない男性398名を対象に
解析を実施。

朝食摂取頻度、飲酒頻度、
喫煙習慣などの生活習慣と
FGF21との関係とは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

 大阪大学の研究グループは、抗肥満作用をもつ因子として知られる線維芽細胞増殖因子(FGF)21の血中濃度と生活習慣との関連について調べ、朝食の摂取頻度、飲酒頻度、喫煙などの生活習慣が、FGF21の血中濃度に影響を与えることを明らかにした。 朝食抜き、毎日飲酒、喫煙などの生活習慣で「抗肥満作用」が低下か 大阪大学

情報源: 朝食抜き、毎日飲酒、喫煙などの生活習慣で「抗肥満作用」が低下か大学