学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

コロナ禍における東京都郊外部庭園観光の動向 管理運営者のオーバーツーリズムとアンダーツーリズムに対する意識|東京大学


コロナ禍において、観光地に観光客が
ほとんどいない状態になりました。
このコロナ禍だけでなく、急激な観光の衰退を
「アンダーツーリズム」と呼ぶそうです。

また、その逆で多くの観光客が特定の観光地に
集中することで引き起こされるさまざまな問題の
総称として「オーバーツーリズム」があります。

東京大学の研究チームは、
東京都郊外部(市部)の庭園観光プロジェクトの
協議会メンバー(庭園管理運営者)が、
どのようにオーバーツーリズムとアンダーツーリズムを
認識しているかを明らかにすることを目的として、
庭園管理運営者に対してインタビュー調査を実施。

また、来園者数などの量的データも収集し、
東京都郊外部庭園の利用状況の変化を
併せて分析したそうです。

コロナ禍の影響や、来場者数が多い季節とは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

観光客が全く、もしくはほとんどいない状態。特に近年は、パンデミック等の不測の事態によって引き起こされる急激な観光の衰退を指すことが多い。

情報源: 【研究成果】コロナ禍における東京都郊外部庭園観光の動向 ――管理運営者のオーバーツーリズムとアンダーツーリズムに対する意識―― – 総合情報ニュース – 総合情報ニュース