学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

瞳孔は運動負荷の増加に伴い非線形的に拡大する〜「目は心の窓」、軽い運動でも脳は覚醒するらしい〜 | 筑波大学


瞳孔は目に入ってくる光を調節するために
拡大したり縮小したりします。
この瞳孔の拡大や縮小が、脳の覚醒を
もたらす神経活動を反映するとして、
注目を集めているそうです。

筑波大学の研究チームは、
瞳孔の拡大や縮小と運動負荷の関係を
調べるため、26⼈の健常若齢男性の
⼤学⽣、⼤学院⽣(平均22.4歳)を
被験者として、呼気ガスマスクと心拍計を
装着した状態で自転車ペダリング運動を
行ってもらい、安静状態から限界に至るまで
負荷を徐々に上げていくことに伴う
瞳孔の応答を調査。

非常に軽い強度の運動の場合、
そして、運動の負荷が増えるに従って
どのように変化したのでしょうか?

 

情報源: 瞳孔は運動負荷の増加に伴い非線形的に拡大する〜「目は心の窓」、軽い運動でも脳は覚醒するらしい〜 | TSUKUBA JOURNAL – 医療・健康