Home > NEWS > PCで扱える漢字 6万文字に|ITmediaNews

PCで扱える漢字 6万文字に|ITmediaNews


情報処理推進機構(IPA)は12月25日、
データで扱える漢字として、
約6万文字の国際規格化が完了したと発表したという記事。
これにより、複数の規格に依存していた
常用外の漢字を、統一的な文字コードで扱えるようになるそう。

さらに、人名用の異体字をカバーして、
行政などでの運用効率、利便性が
大きく向上することが期待されるとのこと。

詳しくは、リンク記事をご確認ください。

ちなみに、事例として挙げられている「辺」のバリエーション、
とても多いのに驚きます。
その理由を、NHKの「人名探求バラエティー 日本人のおなまえっ!
という番組でもテーマにされていました。

常用外の文字が増えると、
やっと自分の名前が本当の漢字で表せると
喜ばれる方も増えるでしょうね。
ただ、初見で名前を読めないというケースも
今以上に増えるかもしれませんね(汗)



情報源: ITmedia NEWS

情報処理機構が発表したプレスリリースへのリンクは以下のとおりです。
プレス発表
「文字情報基盤整備事業」で推進していた漢字6万文字の国際規格化が完了
https://www.ipa.go.jp/about/press/20171225.html


error: