肝臓はドナーから患者に受け継がれて100年以上生き続けることができる|GIGAZINE


肝臓は、私たちの体に必要な蛋白の合成や
栄養の貯蔵、有害物質の解毒や分解、
食べ物の消化に必要な胆汁の合成・分泌を
担う重要な臓器ですが、炎症で傷ついた
肝細胞の修復が追いつかず病気になることがあります。

肝臓の役割と肝臓の病気|健康と病気|大塚製薬
https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/liver-cirrhosis-nutritional-therapy/liver-roles/

肝臓の病気によっては生体肝移植のように
臓器移植を行うことがあります。
ドナーから患者へと受け継がれた肝臓は
どのくらい機能を果たし続けられるのでしょうか。

テキサス大学サウスウェスタン・メディカル・センターと
TransMedicsの研究チームは、
移植に使用される肝臓がどれほどの年数にわたり
機能を維持するのかを調べるため、
アメリカの臓器移植ネットワーク
United Network for Organ Sharing
のデータを分析。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

近年は医療技術の進歩によって人間の寿命が大幅に伸びていますが、100歳を超えるまで生きられる人は非常に少数です。ところが、人の「肝臓」はドナーから患者へと受け継がれ、100年以上も機能を果たし続けられることが報告されました。

情報源: 肝臓はドナーから患者に受け継がれて100年以上生き続けることができる