Home > 読みもの > リサーチ > 平成28年度大学・大学院入学者数を見てみよう

平成28年度大学・大学院入学者数を見てみよう

リサーチ

学校基本調査は、文部科学省が昭和23年(1948年)から毎年実施している、学校に関する基本的事項の調査です。
調査の概要は以下のホームページから閲覧することができます。

●学校基本調査-調査の概要(文部科学省ホームページ)
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa01/kihon/gaiyou/chousa/1267968.htm

この調査結果は、政府統計の総合窓口であるe-Statのページにおいてデータで公開されています。
今回はこのデータを見ながら、社会人と大学・大学院をテーマに気になることを調べてみました。

すずき
平成28年度の大学生入学者のうち、30歳以上の人はどのくらいいるのかな?

さっそく調べてみましょう。

今回は、平成28年度の調査結果を利用します。
学校基本調査 > 平成28年度 > 高等教育機関《報告書掲載集計》 > 学校調査 > 大学・大学院
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001079879&cycode=0
このページの14番(大学 年齢別入学者数)と20番(大学院 年齢別入学者数)のデータを使って確認してみました。

まずは、大学の入学者数を確認してみましょう。


(文部科学省 平成28年度 学校基本調査より)

平成28年度の大学入学者数618,423名のうち、30歳以上の入学者は1,222名でした。
全体の0.2%という数字は、かなり少ないという印象です。
そして、男性のほうが女性よりも少し多いですね。

では、次に大学院の入学者数を確認してみましょう。
最初は修士課程を見てみます。


(文部科学省 平成28年度 学校基本調査より)

平成28年度の大学院修士課程入学者数72,380名のうち、30歳以上の入学者は6,404名でした。
全体の8.8%。先ほどの大学入学者数に比べると多いですが、10%に満たない割合です。
しかし、割合にすると少ないと感じますが、人数は6,404名もいます。
男性と女性の人数が同程度というのも特徴です。

続いて、博士課程を見てみましょう。


(文部科学省 平成28年度 学校基本調査より)

平成28年度の大学院博士課程入学者数14,972名のうち、30歳以上の入学者は6,367名でした。
30歳以上の入学者の割合は、全体の42.5%でした。
博士課程は男性の人数が女性よりも2倍程度多くなっています。

ちなみに、大学院の入学者数については、社会人の入学者数も公表されています。


(文部科学省 平成28年度 学校基本調査より)

平成28年度の大学院修士課程入学者数72,380名のうち、社会人は10.8%にあたる7,824名でした。
男女比で見ると、男性よりも女性のほうが社会人の割合が高くなっています。

平成28年度の大学院博士課程入学者数14,972名のうち、社会人学生は全体の41.4%にあたる6,203名でした。
全体のおよそ4割が社会人ということになります。
男女の比率差はそれほどないようです。

これらの数字から、皆さんはどのように感じたでしょうか。
思ったよりも多くの大人が学んでいると感じたのか、はたまたその逆なのか。
この数字を見ていると、もう少しいろいろな角度から知りたくなりますよね。
数字を見ながら、「へぇ」と思ったり、「なぜ?」と思ったり、あるいはなんだか「もやもや気分」になったりするかもしれません。
でも、そういうことが大事なのではないかと思います。

このように、毎年発表されている統計の中から、学習している大人の実態を数字でとらえていきたいと思います。
次回もどうぞお楽しみに。

 


error: