学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

老化する人間の細胞を「若返らせる」ことに成功:研究結果|WIRED.jp


慢性疾患の原因はいろいろありますが、
そのひとつに挙げられてるのは、
細胞がそのものが老化すること。
この老化の仕組みには、
テロメア」という染色体の末端部が
関係しているといわれています。

イギリスのエクスター大学とブライトン大学の研究グループが、
通常なら細胞分裂のたびに短くなる
染色体の末端部であるテロメアを、
若い細胞のように長くする方法を発見したという記事。

焦点を当てたのは、「スプライシング因子」。
老化した細胞では、これが徐々に不活性化していくことに着目。
この因子は先ほどのテロメアの末端が短くなることに
深く関係していることがわかったそう。
そして、その働きを再び活性化させる化学物質があるそう。

その化学物質とは?
以外に身近にあって、以前から話題に上ることが多いものです。
詳しくは、リンク記事でご確認ください。

記事の中にもありますが、高齢者の健康を
向上させるポテンシャルを秘めているとはいえ、
まだまだ研究が必要な分野なので、
今後の研究にも注目していきたい分野です。

「老化した人間の細胞を若返らせる」ことに、英大学の研究者らが成功したと発表した。古い細胞の機能を回復させることができれば、将来的に人間は老化による影響を受けずに年をとれる可能性があるのだという。その驚きの研究結果とは。

情報源: 老化する人間の細胞を「若返らせる」ことに成功:研究結果|WIRED.jp