学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

地震古文書みんなで解いて 京大がアプリ開発、参加募集:朝日新聞デジタル


昔の人たちが後世に残した記録を
今に生かすことができれば。
そのための活動をご紹介します。

過去に起きた大地震の記録は
古文書などに記録されていることが多く、
発生した当時の様子だけでなく、
その発生した地域の被害状況なども記されており、
現代にも有益な資料となることが多いと言われます。

京都大学古地震研究会が、
昔の地震について、くずし字で書かれた
古文書を現代の文字に変換する作業を、
市民の参加を募ってネット上で進める
アプリ「みんなで翻刻(ほんこく)」を開発しました。

古文書のくずし字を現代の文字に変換する
「翻刻」という作業が必要なのだそうです。
まずは、東京大学地震研究所に所蔵されている
「石本文庫」から、主に江戸時代の地震や災害を
記録した古文書114冊分の画像を掲載。

詳細はリンク記事でご確認ください。
この文末に、みんなで翻刻ウェブページへの
リンクとTwitterへのリンクも掲載しています。
Twitterでは進捗報告も行われているようです。

皆さんの力がどんどん集結しています!

 

 
昔の地震について、くずし字で書かれた古文書を現代の文字に変換する作業を、市民の参加を募ってネット上で進めるアプリ「みんなで翻刻(ほんこく)」を京都大古地震研究会が開発した。地震の史料を読み解き、新た…

情報源: 地震古文書みんなで解いて 京大がアプリ開発、参加募集:朝日新聞デジタル

みんなで翻刻
https://honkoku.org/

みんなで翻刻公式Twitterアカウント
https://twitter.com/CloudHonkoku