【Word】インデント


こちらのページでは、
Microsoft Office 2010版
「ITスキル」Word編

をお届けします。

Microsoft365版をご覧になりたい方は、
こちらをご覧ください。
目次:Microsoft365 【Word編】
https://andla.jp/wp/?page_id=6375

 

 

すずき
Wordが苦手な人は「インデント」って聞くとビビるね。「インデント」と「タブ」はWord機能の4番打者みたいなものだな。
こやま
たとえが野球っていうのがなぁ。「インデント」でわかりにくい人は「字下げ」というとわかりやすいかも。
すずき
左側は知ってても右側も調整できるって知らない人もいるよ。
こやま
慣れないうちは上部にあるルーラーではなく、[段落]のダイアログボックスで数値設定するのがよいかも。図解で説明します!

 

 

 

論文の中で、引用部分をはっきりアピールしたい時などに
有効なのが、今回とりあげる『インデント』。
段落ごと、その幅を自由に設定できるのでとても便利です。

簡単だからついやってしまいがちな [スペース入力] や
通常の [改行] では、後々の文章の入れ替え時や
見栄えアレンジ時に大きく崩れてしまいがち。
その対応に時間がとられてしまいます。

 

[ホーム]タブの[段落]にあるボタンで簡単

 

右が[インデントを増やす]ボタン。
字下げしたい段落にカーソルを置いた状態で、
このボタンをクリックすると、段落ごと、
右方向へ字下げされます。

 

段落の右端位置も調整するとき

 

[ホーム]タブの[段落]右下隅にある小さな矢印をクリック。

[段落] ダイアログ ボックスが開きます。

インデントの右(R)で文字数を入れると、
段落右側が左方向に字下げされます。

 

より強調するために

 

『インデント』で字下げの他、文字色やフォント、
スタイルなどを変えることにより、
視覚的に引用部分を目立たせることもできます。

 

 

こやま
次回は『インデント』と同様、文章の体裁を整えるために必要な『タブ』を取り上げます。お楽しみに。