国立映画アーカイブ

国立美術館の映画専門機関「国立映画アーカイブ」 | カレントアウェアネス・ポータル


独立行政法人国立美術館の6番目の館として、
2018年4月1日に、東京・京橋に誕生したのが
独立行政法人国立美術館「国立映画アーカイブ」です。

前身は,東京国立近代美術館の
フィルム・ライブラリー事業から始まった
東京国立近代美術館フィルムセンターなのだそう。

日本で唯一の国立映画専門機関である
「国立映画アーカイブ」は、
映画の保存・研究・公開を通して
映画文化の振興をはかる拠点として、
・映画を保存・公開する拠点としての機能
・映画に関するさまざまな教育拠点としての機能
・映画を通した国際連携・協力の拠点としての機能
を備えているそうです。

公式ウェブサイトには上映や展示の案内が記載されています。

国立映画アーカイブ
http://www.nfaj.go.jp/

国立映画アーカイブに至るまでの歴史や、
今後の活動についてについては、
以下のカレントウェアネス・ポータルの記事に
まとめられていますので参考になります。

現在は、展示として、
国立映画アーカイブ開館記念 
没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより
を開催中。(2018年4月17日〜 9月23日)

ゴールデンウィークに日本橋界隈の散策をかねて
足を運んでみるのもよさそうです。

国立映画アーカイブ
国立映画アーカイブ

情報源: E2014 – 国立美術館の映画専門機関「国立映画アーカイブ」 | カレントアウェアネス・ポータル