学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

細胞リプログラミングを使って大ケガをしても「皮膚をキレイな状態に治すことができる」との研究結果|GIGAZINE


大怪我をしたり、やけどをしたときに、
時間の経過と治癒によって、
その傷痕は薄くなっていくとしても、
傷痕が残ってしまう場合があります。

皮膚組織が大きく失われるような
重度のケガをして潰瘍になったり、
大ヤケドをしたりした場合には
皮膚を元の状態に戻すための細胞も失われてしまうそう。

細胞リプログラミング技術を使って、
キレイな状態に治すことができるのではないか
という研究が、ソーク研究所の
ファン・カルロス・イスピスア・ベルモンテ氏らの
研究チームによって報告された記事をご紹介します。

ここで用いる「細胞リプログラミング技術」とは
どのようなものでしょうか。

また、研究チームは86ものリプログラミング因子から
さまざまな組み合わせを試験した結果、
4つの遺伝子を見つけ出すことに成功。

マウスの潰瘍に4つの遺伝子を直接塗布し、
3カ月目と6カ月目にマウスの状態を検査した結果は
どうなったでしょうか?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

細胞リプログラミング技術を使って、大ケガやヤケドをして皮膚が大きく損傷したとしてもキレイな状態に治すことができるという研究結果が、ソーク研究所の生物学者であるファン・カルロス・イスピスア・ベルモン

情報源: 細胞リプログラミングを使って大ケガをしても「皮膚をキレイな状態に治すことができる」との研究結果