学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

料理中の視点映像から自動学習し、いつ何から何へ視線が動くかを精度よく予測 | 日本の研究.com


最近、料理は手順を示したホームページ以上に、
自分がキッチンで料理しているような視点の
料理動画の人気が高く、そういった動画を
提供する企業も急増しています。

この料理を自分が料理を行なっているかのような視点は、
そのように見えるように設置したカメラや、
時には頭部装着型カメラにより記録される映像を
利用していることが多いでしょう。

こうした映像は、「一人称視点」映像と呼ばれるそう。

東京大学生産技術研究所ソシオグローバル情報工学研究センター
の研究グループは、頭部装着型カメラにより記録された
「一人称視点映像」から、
人の視線の動きをこれまでにない精度で
予測する手法を開発したという記事をご紹介します。

その際に取り上げた題材が、先ほども例として挙げた
「キッチンで料理をする」という行動。

どのタイミングで、どのような物からどのような物へ
視線を動かすのかを、その作業中に記録した
一人称視点映像と視線データから事前に学習。
それを用いると、新たな映像から、
これまでにない精度で視線移動を予測することに
成功したそうです。

具体的にどのような手法を用いたでしょうか。
また、この方法はどのようなことに利用できるでしょうか。

詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 【プレスリリース】料理中の視点映像から自動学習し、いつ何から何へ視線が動くかを精度よく予測 | 日本の研究.com