学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

QSアジア大学ランキング2019、東大は11位へ上昇 | リセマム


2018年10月24日、世界大学評価機関である
英国クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds、以下QS)が、
QSアジア大学ランキング2019を発表しました。

毎年発表しているこのランキングは、
昨年の結果をアンドラでもご紹介しました。

クアクアレリ・シモンズ社、アジア地域編の最新大学ランキングを発表 | 大学ジャーナルオンライン|アンドラ(2017年10月23日)
https://andla.jp/wp/?p=2114

昨年は、アジア地域上位20校に日本の5大学がランクイン。
そして、日本のトップは、13位の東京大学でした。

今年は、アジア地域上位20校に
何校ランクインしているでしょうか。
また、前回トップだった東京大学は、
今年も日本のトップでしたが、今年の順位は?

アジア地域の1位となる大学も昨年とは異なる大学となっています。
シンガポールや香港、中国などのランキングの
変化も大きいようです。

詳しくはリンク記事でご確認ください。

なお、全体のランキングはリンク先のページ下部に
QSアジア大学ランキング2019
QS日本大学ランキング2019
のリンクが掲載されているので、
そちらからご覧いただけます。

 

 
世界大学評価機関の英国クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds、以下QS)は2018年10月24日、QSアジア大学ランキング2019を発表した。国内1位の東京大学は、世界13位から11位へ順位を上げ、2015年以来の最高順位となった。

情報源: QSアジア大学ランキング2019、東大は11位へ上昇 | リセマム